カードローンとキャッシング、その審査の違いとは

カードローンとキャッシング、その審査の違いとは

個人向けの小口貸付けサービスはカードローンやキャッシングなどと呼ばれています。仕組み的には同じで、必要な信用審査を受けて審査に通れば、一定金額のお金を借りることができるというものです。このさいにお金を借りる手数料として金利を支払うことになります。

 

 

一般にカードローンは、銀行などの金融機関が行なっているものですが、最近は銀行と消費者金融が共同で設立した銀行系消費者金融や、銀行の子会社化した消費者金融などもその名称を使っており、その意味はやや曖昧になってきています。一方でキャッシングは、消費者金融やクレジットカードが行なっている貸付けサービスの名称となっています。

 

カードローンとキャッシング、その審査の違いとは

 

カードローンとキャッシングの違いとしては、その審査基準の厳しさと貸出条件ですが、近年はカードローンの意味も曖昧になってきたため、その違いも商品ごとに見る必要があります。かつてのカードローンといえ
ば銀行が主にサラリーマンや公務員を対象として行なってきたサービスであり信用審査は厳しいものでした。その反面で金利などの貸出条件は消費者金融などに比べると有利に設定されていました。

 

 

しかし、近年の一部のカードローンでは、信用審査基準を緩和したものもあり、その場合には消費者金融と変わらない金利が設定されています。