カードローンの延滞と住宅ローンの審査について

カードローンの延滞と住宅ローンの審査について

カードローンを延滞すると住宅ローンの審査に通らなくなるといわれることがあります。実際、そのようになった人も多くいるのですが、これは必ずしも正しいわけではありません。その程度によって異なっているといえるでしょう。延滞があると、その情報は金融事故情報として金融機関で共有されることになります。これが審査落ちになる原因です。

 

カードローンの延滞と住宅ローンの審査について

 

金融事故情報として登録されるかどうかは、それぞれの金融機関が決めることですから、どれくらいの程度なら登録されるのかはそれぞれでことなっています。一般的なカードローンでは90日といわれています。公開はされていませんからそれが必ず正しいのかどうかはわかりませんが、大体90日だと考えられます。だからといってカードローンの延滞をしてもよいというわけではありませんが、知っておくとよいでしょう。

 

 

たとえば、つい忘れてしまうということはあります。返済日に返済するのを忘れたり、あるいは引き落とし用の口座に残金がなかったりすることもあります。このような場合にはどうすればよいのでしょうか。このようなときには、気づいた時点ですぐに返済をするのがよいです。こうすることによって金融事故情報として登録されませんから、住宅ローンの審査には影響が小さいです。