カードローン審査の基準と信用情報の扱いについて

カードローン審査の基準と信用情報の扱いについて

カードローン審査の基準と信用情報の扱いについて
銀行のカードローンにしても消費者金融やクレジットカードのキャッシングにしてもお金を借りることですので、返済能力の有無を確かめる審査を受ける必要があります。審査の基準は、提供されるサービスによって異なりますが、一般には消費者金融はその基準が緩やかとされています。

 

 

一方で銀行のカードローンは、審査の基準がやや厳しい傾向にありますが、近年はカードローンの種類によっては、緩やかな場合もあります。これは保証人に保証会社を入れている場合が多く、その多くが消費者金融などがなっている場合があり、消費者金融と同じ程度の信用力で利用することができますが、金利などの設定が借り手には厳しい傾向にあります。

 

 

また審査では信用情報が参照されます。信用情報は業界団体による情報機関によって共有されており、氏名や住所、勤務先などの個人情報のほか借入金額や返済滞納の有無、事故情報などが登録されています。

 

 

現在、日本には銀行、消費者金融、クレジットカードなどの3つの団体が加盟する情報機関があり、かつては、それぞれの業種の加盟店しか参照できませんでしたが、近年はこの業種の垣根を超えて、情報が共有化される傾向にあります。なお、情報機関の情報はも一定期間が経てば削除される仕組みになっていますが、会社自身が保有する信用情報に関してはその会社によって保存期間が決定されています。