債務時効や滞納の事実はカードローンの審査時にわかる

債務時効や滞納の事実はカードローンの審査時にわかる

カードローン会社に申し込む場合、収入や他社からの借り入れ状況などを申告しなければなりません。カードローン会社は申込書に書かれている情報をすべて見て融資するかどうかを判断するわけですが、判断する前に必ず信用情報機関のデータベースで検索を行います。

 

 

もし、申し込んできた客が、以前にも別の会社のカードローンを利用していたり、あるいはクレジットカードを利用していた場合、信用情報機関のデータベースに記録が残っているからです。そして、申込書と信用情報機関の情報を両方見て判断を行います。

 

 

なので、客側からすると、以前利用していたカードローンの債務を滞納して、結局、時効になってしまっていた場合、あるいは現在、債務があるが、その額よりも申込書には少なく書いたといった場合、それらの情報は審査の段階ですべてばれてしまうことになります。なので、申込書には正直に情報を書くようにしましょう。

 

 

ただ、債務が時効になった場合、時効になってからある程度時間が経過していた場合は、信用情報機関からデータが削除されている可能性があります。その場合、新たに申し込んだカードローン会社は、事故情報を見ることは出来ないので、過去に事故があったという事実は審査に反映されません。